私たちの作業の中心は、難聴の人たちです

難聴の人たちと一緒に補聴器のある暮らしを実現できる世界を作り、人とのつながりと独立性を促進していきます。

機能説明

聴覚学

自然のように、普通の耳の働きを再現する方法を模索しています。 聞くことは脳で発生する行為であるため、この働きを活用した音の提供に努めています。 その結果、リサウンドの補聴器利用者は、他とは異なる豊かなきこえ体験を実現することができます。

リサウンドは、独自の方法で指向性テクノロジを活用することで、実環境でメリットを最大限に活用できるようにしています。 両耳連動指向性 III は、脳が周囲の音を遮断することなく、適切な情報に基づいて改善された SN 比を最大限に利用できるようにします。 つまり、補聴器利用者は、聞きたい音に集中しながら環境を監視することができます。 最新のイノベーションでは、より鮮明な空間認識と話し声認識が可能になっています。

ブランド特長の強調

リサウンドの機能の詳しい説明

ワープ処理™
空間認識
指向性音声処理
指向性 音声処理の制御
指向性混合率
DFS™ デジタルフィードバック抑制
ノイズトラッカーII
ウインドガード
INR衝撃音抑制
環境適応システム
環境識別装置
サウンドシェーパー
エクスパンション
低域強調
スムーズホン™
リニア/セミリニアモード

テクノロジについて詳しく知りたいですか?

リサウンドの製品に関わるテクノロジに関する詳細情報は、下のリンクをクリックしてください。 

当社の技術の詳細はこちら